カオソーイ (Chiang Mai)

Khao-Soi


カオソーイ Chicken Khao Soi (Chiang Mai)

(Northern Chicken Curry Noodles)

 
辛さと円やかさがヤミツキになる!
タイ北部、チェンマイ名物、麺料理のカオソーイ。

王道のタイ料理のトムヤムクンなどとも違い、我が家でも人気のベトナム米麺料理「フォー」インドネシアの「パッタイ」などに比べると、やや知名度は薄いカオソーイ(カレーラーメン)ですが、以前のDOJINBARでも好評の麺料理です。

その味は、人気のマッサマンカレーにも通づる、「深み」。一度たべたら「ハマる」こと間違いなしのカオソーイをオススメしています!



特徴

太めの麺の上に、揚げ麺が乗っているのがカオソーイの特徴で、2種類の食感が楽しめるんです。主な具は、柔らかなチキン。

DOJIN風にレッドカレーに漬け込んだ鶏肉をじっくりグリルして、とろけるような柔らかなチキンの旨味がスープに広がります。薬味のライムを入れると味が引き締まって、さらに新たな味が加わり美味しく、どんなお酒にも合いますよっ。

タイを代表する調味料ナンプラーやスパイスなどは、それぞれに香りや味にクセが強くありますが、絶妙な配合で味のバランスをととのえると・・・

ソレゾレの旨味( クセ )がひとつとなり「病みつきになる味」の完成です。

 

 

 

日本料理と同じように、タイ料理もそれぞれの地方によって特徴があり、いわゆる郷土料理的も豊富なんです。それぞれに特徴があるのですが、中でもチェンマイは地理的にもミャンマーと接していることもあり、ミャンマー料理の影響も多く受けているそうで、タイの強烈な辛い!では無く、日本人に食べやすい、馴染みやすい味なんです。タイ北部料理は、タイ語で「マン」と表現されることがあります。これは、「コク」があるということで、単に辛いだけではなく、日本人なら料理にたいして出汁などを大事にするように、味に「深み」を感じられる料理が多いことも特徴なんですよ。 カオソーイ(ラーオ語: ເຂົ້າສອຍ, タイ語: ข้าวซอย)は、チェンマイをはじめとするタイ北部と、ルアンパバーンをはじめとするラオス北部で広く食べられている麺料理で、初めミャンマーからラオス北部に伝わり、その後ラオス北部からタイ北部に広がったといわています。
日本料理と同じように、タイ料理もそれぞれの地方によって特徴があり、いわゆる郷土料理的も豊富なんです。
それぞれに特徴があるのですが、中でもチェンマイは地理的にもミャンマーと接していることもあり、ミャンマー料理の影響も多く受けているそうで、タイの強烈な辛い!では無く、日本人に食べやすい、馴染みやすい味なんです。
タイ北部料理は、タイ語で「マン」と表現されることがあります。
これは、「コク」があるということで、単に辛いだけではなく、日本人なら料理にたいして出汁などを大事にするように、味に「深み」を感じられる料理が多いことも特徴なんですよ。
カオソーイ(ラーオ語: ເຂົ້າສອຍ, タイ語: ข้าวซอย)は、チェンマイをはじめとするタイ北部と、ルアンパバーンをはじめとするラオス北部で広く食べられている麺料理で、初めミャンマーからラオス北部に伝わり、その後ラオス北部からタイ北部に広がったといわています。


広告