沖縄県産 ゴーヤー チャンプルー(Okinawan Stir Fry of Goya(Bitter Melon))

 
ゴーヤーチャンプルー
 
夏には、暑い国、暑い土地の料理が食べたくなりませんか?当店でもタイ、ベトナム、インドネシアなどのスパイシーな料理に並び沖縄料理も大人気です。栄養面でもバランスのとれた一皿「チャンプルー」を、おつまみに、ご飯のおかずにもオススメしています。

材料をごちゃ混ぜに炒めるチャンプルーの定番「ゴーヤー」の独特の苦味成分には、食欲増進効果や健胃作用、日焼けの肌を労わったり、暑さによる食欲不振や夏バテを改善したり、元気野菜のヒーロー!ゴーヤーが、夏バテ知らずなボディーを手に入れるために一役かってくれそうです。4月になると早くも収穫の季節を迎え、旬の食材としても春から夏がオススメなんです。
 
 

Did you know?
沖縄では昔から、ゴーヤーを食べると夏負けしないと言われているそうです。 ゴーヤーは、日焼けやストレスによって消費されやすいビタミンCが豊富で、体内でビタミンAに変化するβカロテンも含まれています。
これらは女性が特に注目したい若々しい肌を保つためにも必要な成分です。 特にゴーヤーのビタミンCは加熱しても壊れにくく、ゴーヤーチャンプルのような炒め物にしても、ビタミンCの損失は少ないようなので嬉しい食材となります。また疲労回復などにも良いビタミンBの豊富な豚肉などと一緒に油で炒めることで、栄養素が吸収も良くなります。
5月8日は、ゴーヤーの日。

 
 

TODAY’S IDEAS

沖縄料理をより美味しく楽しむ「泡盛」や「泡盛のカクテル」などをあわせて沖縄の雰囲気ごと是非お楽しみください。
 
ENJOYING THE RECOMMENDED DRINK!

  • 泡盛 シークワーサー割り
  • 泡盛 コーヒー割り
  • 泡盛 ジンジャーハイボール

 
 

Choice Menu

 

  • 沖縄県産 ゴーヤーとキムチのチャンプルー
  • 旨味の詰まったキムチはカラダにも良いことは知られていますね!ご飯のおかずに、おつまみにも抜群の2つがあわせれば、想像するだけでも美味しくないわけがない組み合わせですが、豚肉やスパム、豆腐、卵、なにを加えても美味しさは増すばかりの素敵なメニューをオススメいたします。美味しく食べて、疲れ知らずの美ボディーになりましょう!

     


     

  • 沖縄県産 アグー豚とゴーヤーの旨味とミネラルたっぷりのチャンプルー
  • 生ビールに、ご夕食にも御勧め!沖縄のミネラルたっぷりな海の恵み、島マース(沖縄県産の天然塩)を味のベースに、一般の豚肉より口溶けのよい霜降り肉のアグーの旨味と甘味、太陽を浴びた元気野菜のゴーヤーの苦味がヘルシーな一皿です。

    アグーの肉質は、霜降り肉で柔らかく人気です。アグー特有の優れた甘味と旨味、一般的な豚肉に比べて脂肪の溶ける温度が低く、口の中に入れるとすぐに脂が溶け出して感じることができます。
     

    Did you know?:アグー豚
    アグーは、沖縄固有の貴重な豚で、沖縄で飼い続けられていた小型の「島豚」が由来となっているそうです。肉質はとても優れているアグーですが、小型で頭数が少ないため、肉量が少ないのが欠点とも言われますが、貴重な豚として大切にされているのは、それも良い味のうちですね!

     


     

    Related Menu

     

     
     

    広告