ペルー料理 セビーチェ (Cebiche)

セビーチェ
DOJINBARのもうひとつの台所の顔、ペルー料理です。ペルー人シェフから伝統的な家庭料理が我が家に伝わりました。ペルー料理の基本となる味付けや食材は、他の国の珍しい料理に比べて、意外にも共通する点もあり日本人好みなこと。海が近く魚料理が大好きな三河の私達には、しっくりとくるんです。大人気のロモサルタードをはじめ、絶品ペルーの家庭料理をオススメします。



ペルー料理 セビーチェ 780円

ペルー人シェフ直伝、本格ペルーFOOD!
世界一旨い当店自慢の「セビーチェ」を是非。
ペルーやメキシコの名物料理で、白身魚に、たっぷりと絞ったライムやレモン、仕上げのパクチーがお約束の最高に美味しい魚介のフレッシュマリネです。ペルー料理のなかでも大のお気に入りで、いつも大盛りで食べてしまいます。

赤タマネギ・ニンニク・トウガラシなどのスパイス、食べ応えのある厚く切った白身魚にをライムやレモンをたっぷり絞ってシメます。付け合わせに添える野菜はトウモロコシ・サツマイモと少し独特ですが、あわせて食べると口のなかで、ハーブと柑橘の香りと酸味、野菜の甘味と様々な旨味…完成された味付けに大絶賛!!
お皿に残った旨味スープを飲み干すのが、通な食べ方なんです。フレッシュなビタミンがたっぷり、スタミナ満点です!




美食と称されるペルー料理の中でも飛びぬけた存在であり、6月28日は「DIA NACIONAL DEL CEBICHE/セビーチェの日」に定められているほどです。


パクチーは、ビタミンなどの栄養素が豊富で、デトックス効果や美肌に嬉しい効果もあることで話題のハーブ!しかし、香りや味にクセも強いため、日本では好き嫌いがはっきり分かれますが、ベトナムやタイのみならず、世界中で20億人に愛されているそうです。タイでは「パクチー」トムヤムクンなど様々なお料理に。ベトナムでは「ザウムイ」生春巻きやフォーなど様々なお料理に。中南米では「シラントロ」スープやサルサなどのエスニック料理に。中国では「香菜」炒め物を始めとした様々な料理に。英語では「コリアンダー」、一流シェフが好んで料理に使っていたりと、、その呼び名がそれぞれあるように古来から、あらゆる国で愛されてきた、食卓にかかせないハーブですねっ。
広告