広島県産 牡蠣とホワイトマッシュルームのアヒージョ

濃厚な旨味が特徴の牡蠣と人気のおつまみ「 アヒージョ 」は、ワインをはじめ、様々なお酒との相性がよく、メインがお肉の場合には、バランスのよい前菜にもなります。

魚介や野菜などの旨味がオイルに溶け込み、その濃厚で贅沢な味の良さにはビックリ!
ぷりぷりとした牡蠣の旨味を、ゆっくりとぐつぐつ煮込んだオイルソースに旨味が溶け出し、バケットにつけて食べればガーリックトーストのように美味しく、シンプルながら満足できる一皿は、老若男女問わず皆様に好まれています。
 

(※写真は、海老のアヒージョです。)

 

TODAYS IDEAS

素材の旨味で完成した極上オイルソースが余れば、他ではたべれないキノコの香りと味わい深い『ペペロンチーノ』や、『チャーハン』にして、残らず楽しんでみてください。

 
 

牡蠣(Oyster)
日本料理からフランス料理などの世界の料理に幅広く使われ、生で食べたり、フライなど加熱して食べたりといろいろ。
日本でも、古くは縄文時代から食べられていました。養殖はなんと室町時代から行われ、食べる貝類としては歴史が長いそーです。
世界でも生で貝類などを食べる文化が無いのに、牡蠣だけは生でも食べられています。
たんぱく質をはじめ、カルシウム、亜鉛などのミネラルが豊富。カロリーは低くヘルシーで、女性に多い貧血なども牡蠣に含まれる鉄分で解消!亜鉛も多く、ストレスを蹴飛ばし、免疫力もアップ⤴︎

 



 

広告